メンバー紹介

String players from Brussels, BE

Meet Vivio 4+1

Althougn Japan, The United States, The Netherlands and France count as their cultural backgrounds, they are equally at home in Buenos Aires, Tel Aviv, Kaapstad, Sydney or Oslo...

Femke Sonnen      Yuri Higashida    Robert Yeo    Stephen Meyer    Shagan Grolier

Femke Sonnen

Viool

ベルギー在住オランダ人のFemke Sonnenはヴァイオリニスト、作曲家、劇作家、コンサート企画者と多才に活動し、

作曲家としては2019年にAP Hogeschool in Antwerpenの作曲科で優等(magna cum laude)のマスターを得る。

彼女はブレダのKarel Visser氏の元で5歳からヴァイオリンを始め、Sweelinck
アムステルダム音楽院でLeo Boelens氏、Herman Krebbers氏に学び、

ウトレヒト音楽院ではCharles-André Linale氏、綿谷恵子各氏に学び、優等のディプロマを獲得する。

1985~1900年アムステルダムLa Primavera弦楽オーケストラのコンサートミストレスを勤め、
同楽団の協奏曲のソリストとしても活躍。

1900~1995年アントワープのVlaamse Operaの第2ヴァイオリン首席奏者を勤めた後、
1996年9月より、ブリュッセルのベルギー王立モネ劇場オーケストラ第2ヴァイオリン首席奏者として現在に至る。

1992年よりバロック・ヴァイオリン奏者としての活動も始め、Anima Eterna Bruges (Jos van Immerseel)、
Il Fondamento (Paul Dombrecht)、 B'Rock (René Jacobs)、Ex Tempore (Florian Heyerick)、
Les Agréemens等で演奏し、特にバロック弦楽四重奏など室内楽も行う。

コンサート企画としては、1993年からゲントで年間を通じての室内楽シリーズStapel
Concertsを毎年企画。また2006~2010年は、Ensor String QuartetのメンバーとしてCD
録音にも参加し、Rosamunde String Quartetを始め、数々の室内楽コンサートで演奏している。劇作家としては、
「DE LEVENDE STOEL」、「MOJU」、「JULIET & ROMEO」など、室内楽と役者による作品を作曲し各地で上演している。

東田由里は4歳からピアノ、10歳からヴァイオリンを始め、東京藝術大学音楽学部付属音楽高校を経て、

東京藝術大学を卒業する。鈴木愛子氏、海野義雄氏、浦川宜也氏にヴァイオリン、またHenriette Puig-Roget
教授に室内楽を師事する。

1987年からベルギー王立モネ劇場オーケストラの第1ヴァイオリン奏者として在籍しながら、
ブリュッセル王立音楽院で室内楽をSerge Bemant教授、志田とみ子各氏に学び、
ディプロマ・シューペリウール(Grande Distinction)を得ると同時に、ソロもPhilippe Hirshhorn氏、
Katy Sebestyén氏等、多数の講習会に参加し研鑽する。

またバロック・ヴァイオリン奏者としては、バロック弦楽四重奏などの室内楽、René Jacobs指揮 でのB'Rock
オーケストラで演奏する。

室内楽奏者としての幅広い活動をすると同時に、1996年からモネ劇場弦楽器奏者による弦楽四重奏Rideau Rouge
の第1ヴァイオリンを務めている。

Yuri Higashida

Viool

Stephen Meyer

Viool

アメリカとベルギーの国籍を持つStephen Meyer
アメリカのイェール大学でフランス文学と音楽学の芸術学士を優等で得て、

パリ高等音楽学校(CNR)とSchola Cantorumでヴァイオリンのディプロマを得た後、
2007年からベルギー王立モネ劇場オーケストラの第2ヴァイオリン次席奏者となる

クラシック音楽の傍ら、タンゴ音楽でのヴァイオリンをロッテルダム音楽院(Codarts)
でGustavo Beytelmann氏に師事し、

2016年マスターを得て卒業。優れたパフォーマンスに対する奨学金がFriends of Codarts Foundationから与えられた。

ロッテルダム音楽院に在学中から、タンゴグループSonico、Tango Por Tres、
OTRA等のメンバーとなり、ポルトガル、オレゴン、ブエノスアイレス等、世界各地のタンゴフェスティバルで演奏する。

2019年から、ロッテルダム音楽院(Codarts)でタンゴ・ヴァイオリンでの教鞭を取り、
同時にロンドンのRoyal College of Music博士課程を準備中である。

Read more about Steven

アメリカ人Robert Yeoは、10歳からピアノとヴァイオリンを始め、
インディアナ州マンシーのBall State大学音楽学部でヴァイオリン、室内楽、オーケストラ、

ピアノを学ぶ。在学中、ヴァイオリン教授Eugen Prokop氏のスペインのマジョルカ島
Pollensa でのInternational Summer Academyに度々参加する。

1975年からブリュッセル王立音楽院でヴァイオリンをMarcel Debot氏、室内楽をAndré Siwy氏に師事し、
それを機にベルギーに居を移し、同音楽院でヴァイオリンと室内楽のプルミエ・プリを得る。

1976~1980年の間、ゲント王立オペラ(KOG)のヴィオリニストを勤め、
続いて1981年からベルギー王立モネ劇場オーケストラの第1ヴァイオリン奏者となる。

その他にもCharlemagne室内オーケストラ、Casco Philharmonie、モネ劇場弦楽器奏者による弦楽四重奏
Rideau Rougeの第2ヴァイオリンを務める。

Robert Yeo

Viool

Shagan Grolier

Contrabas

Shagan Grolierは、2008年フランスのNîmesのコンセルヴァトワールでサクソフォンのディプロマを得て、

コントラバスにも開眼。その後、リヨンコンセルヴァトワールでコントラバスを続け2010年に卒業する。
2013年プラハ芸術アカデミー、

2014年Haute Ecole de Musique de Lausannesでマスターを得る。

2012~2013年スイスのInternational Menuhin Soloists Academyを始め、
Czech Philharmonic Orchestra Academy、中国Macao Symphony Orchestra、
韓国のKBS Symphony Orchestra等、多数の経験を積み、レコーディングも多く行う。

2018~2019年ベルギー王立モネ劇場オーケストラの首席コントラバスを勤める。